blog

ブログ

クリエイターの祭典!Adobe Max Japan 2018

| カテゴリー : イベント ブログ

※この記事はi.Design Advent Calendar 2018 11日目の記事です。

今年の11月、人生初!クリエイターの祭典、Adobe Max Japan 2018 @横浜パシフィコ に行って参りました。

興奮、驚き、感動、そして疲労!
1年に1度の最上級のインプットの場として、本当に参加して良かったと思いました。
1ヶ月が経ってもあの興奮が冷めやらない…そんな気持ちを胸にイベントレポートを書きたいと思います。

プロジェクションマッピングボード

まず会場に入ってすぐ、MAXロゴがデザインされたプロジェクションマッピングボードがお出迎え。

いろんなデザインに変化するので10分ぐらい立ちつくして見てました。

オリジナルステッカー作成

会場の真ん中「Creative Cloud 工房」は、オリジナルステッカーが作れるブース。

最新のiPadとPencilで、お絵かきお絵かき。

デザインが完成したらクラウドに共有、約30分程でステッカーが出来上がりました!
「イエーイPCに貼ろー!」なんて声も聞こえたり。僕もPCに貼ろうっと。

みんな大好き!フォントブース

一際人が混み合っていたフォントブース。
フォント選びはデザインの命…各社さんそれぞれが個性を打ち出したフォント展開をされていて、多くの方がじっくり話を聞いておられました!

高速で切り替わる画面を撮って、SNSでシェアするとプレゼントがもらえる!おみくじ。
改めておみくじの結果見てみたら、、これはどういうことだ笑

活版印刷体験!!横で見ていても最高にゾクゾクしますね。
残念ながら事前抽選で落ちてしまい参加できませんでした。。これは来年にリベンジだ。

一際異彩を放っていたブース、「Fontworks」さんです。
フェスはフェスでも日本のお祭り、屋台セットでした。

フォントおじさんトートバッグに、好きなフォントをスタンプできたり、
「ノベル茶(ティー)」という最高なネーミングのインスタントティーをプレゼントしていたり、
とにかくSNS映えが抜群のブースでした。

光るプリント!ネオンピンク

僕の個人的No.1ブースはこちら、大塚商会さんの「ネオンピンク」。
これは新しい特殊なインクを使って、ブラックライトを照らすと…蛍光カラーが光り輝いている!!

いやすごくないですか。。34歳のヒゲ面がネオンピンクでキャピキャピしてしまった…

唯一無二、手に取った人が180%喜んでもらえるアイテムが作れるのではないかなと思います。
ぜひ僕もこれ、使ってみたいです!!いや使う!!

大行列!MAX STORE

ADOBE MAXといえば、会場限定のアイテムが販売されているMAX STOREも楽しみの一つ!

超目玉のクッションやコースターまで!ああ、欲しい…
よく見たらAdobe XDだけ角丸になっている、アイコンに忠実な作り!笑

しかし結果的には私、ステッカーしか買えませんでした…
終始大行列ができていて、一度は並んでみたのですが次のセッションが始まるので断念しました…また来年リベンジ!

その他にも見所盛りだくさん!

会場の中心、来場者が好きにメッセージを書けるブラックボード。

わずかなスペースに、しれっと書いときました。

か、か、かっこいい!!インスタ映え間違いなしのMAXワゴンです。
しかもこの車、セッションで参加したコンセプトアーティスト富安健一郎さん(INEI Inc.)の私物とのことでした!!

Adobe Blogで話題になったあの「Acrotbat ロゴハンガー」。まさか手に取ることになるとは。。
近くで見ると黒背景に赤が映えてめっちゃかっこよかったです笑

一際目立つ赤髪の方の正体は…
ドラゴンボールのモノマネでお馴染み、アイデンティティ田島さん!
この方のことはよく知らなかったのですが、「プレミアラッシュ?そいつ強えのか?」の一言でファンになりました。

なんだアイツは??笑

会場内を普通にウロウロしていた謎の小太りの男、そう彼は「Adobeman」と言うらしい


Adobeへの愛から生まれた妖精で、非公式らしい!
これからも頑張れ!Adobeman!!

貴重なセッションがなんとアーカイブで観れる!?

もちろんブースだけを見に行った訳ではございません。
第一線で活躍するクリエイターの方々のセッションを合計4つ、参加させていただきました。

  • After Effectsは怖くない! ゼロから始めるWebデザインで使えるモーショングラフィックス入門(山下 大輔 氏 / Vook)
  • Adobe XDで実現!カスタマーエクスペリエンスを向上させるクリエイティブとマーケティングのコラボレーション(山田 智久 氏 / アドビ)
  • デザイナー・イラストレーター必見! 世界的コンセプトアーティストがライブペイントで魅せる脅威のPhotoshopマル秘テク2018(富安 健一郎 氏 / INEI Inc.)
  • クライアントのビジネスも加速させるAdobe XD活用のディレクション(村田 秀明 氏、八木 優 氏 / 電通アイソバー株式会社)

注目のXDのセッションを中心に、福岡ではなかなか聞けないであろうというセッションを基準に選びました。
ハンズオンも体験しましたし、ツールもAe/XD/Psと網羅できて、我ながら良いチョイスだったのではないかと思っております。

しかし、、
同時刻に魅力なセッションが被りすぎて、悩んで悩んで、、あーあっちのセッションはどうだったんだろう、、

 

え?見れるの?

 

はい、見れるんです。

Adobe MAX Japan 2018 ビデオアーカイブ

 

なんとまあAdobeさん半端ないって。
僕もあなたもいつでも第一線のセッションが見れる!ということで、全部見ても全く損はないと思います。
お正月のテレビ番組に飽きた方はぜひこの年末!セッションアーカイブを見まくっちゃうなんていかがでしょうか!?

それでは、僕の2018年最高の思い出の一つ、Adobe MAX Japan 2018のお話でした。
来年も、もちろん行く気MAXです。

福岡市の中小企業様向けのホームページ制作を得意としております。

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。