レンタカーサービスを展開する福岡注目ベンチャー企業のリーボ(REEVO Inc)が第三者割当増資を実施

先日紹介したForbes JAPAN 4月号で表紙を飾った松尾龍馬氏が代表を務める株式会社リーボ(REEVO Inc)が2月27日、第三者割当増資の実施に関するプレスリリースを発表しました。

【プレスリリース】リーボ、第三者割当増資を実施

リーボは多様な乗り物を総合的に取り扱うレンタカーサービスを展開しており、以前こちらのブログ記事でも取り上げた注目のベンチャー企業です。

福岡発ベンチャーのREEVOが乗り物の総合レンタルサービス「Veecle!-experience」を公開

今回の第三者割当増資は大和企業投資と佐銀キャピタル&コンサルティングによるもので、増資後の資本⾦は9,330万円となるそうです。

増資後はエリア拡大に向けての営業強化とマーケティング強化へ。2015年夏までに全都道府県での展開を目指す

増資により、現在展開しているVeecle!-experience(ビークル・エクスペリエンス)のサービス規模拡大とマーケティング強化を行っていくということで、日本全国展開に向けてのアクセルになりそうです。

Veecle!-experienceは自転車から高級車まであらゆる乗り物の検索とレンタル予約をインターネット上で簡単に行うことができできるサービスとしてスタートしてから、利用可能な車両数もエリアも急速に増えてきています。

増資のプレスリリースでは代表取締役の松尾龍馬氏が国内レンタカー市場について以下のようにコメントをしています。

国内レンタカー市場は約 5,100 億円の隠れた巨⼤市場であり、⾃動⾞を所有することからサービスとして利⽤することへのユーザーの意識変化や、⾶⾏機の低価格化に伴う⼆次利⽤ニーズの増加に後押しされている成⻑市場です。
⼀⽅で、国内約50万台のレンタカー登録⾞両のうち半数以上は中⼩企業が取り扱っており、昨今の予約のオンライン化に対応が遅れた企業を中⼼に低稼働率化を招いています。
ビークルはそうした中⼩レンタカー企業の扱う特殊⾞両・低価格⾞両に⽬を向けて、集客⼒と稼働率の向上に貢献する初めてのWEB予約・検索サービスです。

業界の外ではなかなか気づかない問題を捉えての取り組みは、これまで一貫して交通サービスという分野で事業を行ってきた松尾氏ならではのビジネスモデルといえます。

これからのサービス加速にますます期待が高まります。

参考URL

【プレスリリース】リーボ、第三者割当増資を実施

国内最多車種・最安値のレンタカー予約・検索サイトを運営するリーボが全国展開へ営業・マーケティングを強化するみたいです | OREOKA.COM

レンタカー予約・検索サービスの「Veecle!」を運営するリーボ、大和企業投資と佐銀キャピタル&コンサルティングから第三者割当増資を実施 – THE BRIDGE

アイドットデザインのブログはWeb業界の話題に限らず幅広いビジネストピックについて書いています。
よろしければFacebookページのフォローをどうぞ!ビジネスに役立つ情報をお届けします!

福岡のホームページ制作・SEO対策はアイドットデザインまでご相談ください!
インターネット集客やWebマーケティングのご相談も承ります。

follow us in feedly

Facebookページに「いいね!」して更新情報をチェック!

« »