ブランディングは細部のこだわりが大事!Appleのホームページに見るものづくり

Appleのウェブサイトリニューアルに見るものづくりに対する高いこだわり

先日新製品のiPhone 6を発表したAppleですが、ホームページ制作の業界ではその後のWebサイトリニューアルも話題になっています。

さすが、Apple!刷新されたウェブサイトで見つけた3つのこだわりとは?

これまでスマートフォン用のウェブサイトを用意してこなかったAppleがついにモバイル用のサイトを公開したということが注目を集めました。
モバイルデバイスの通信事情を踏まえて、画像の使用を極力減らしたシンプルな内容になっています。

また、記事中にも述べられているのですが新しく発表したiPhone 6のページもAppleのこだわりを強く感じるウェブページになっています。

見えないところでも高いクオリティにこだわる

Appleのウェブサイトが具体的にどう作られているかという部分は、先述の記事を読んで頂ければと思いますが、ホームページ制作を行う身としては個人的に彼らの細部に対しても丁寧に仕事をする姿勢は非常に刺激をうけます。

ホームページの制作を行っていると予算や時間といったリソースの制限に悩むことは多いですが、それはこの業界ではなくてもものづくりの世界全体に言えることかもしれません。

Appleが素晴らしいなと思うのは、よほど意識して観察をしてないと気づかないような些細な要素、多くの人が素通りしてしまうような細かな部分にも手を抜くことなく作りこみをしているということです。
そうして作り上げられた作品は人間の感性に訴えかけ、無意識的な使い心地のよさを実感させます。

細かな要素が自らのブランディングにつながる

これだけ物が溢れた現代において、それなりの品質が保たれた商品を手にすることは難しくありません。

メーカーも販売する側も競争に晒されているので、神経質にならなくても平均的なクオリティはそうした競争が担保してくれます。

ホームページ制作の現場でもそうした競争がありますが、その中でライバルよりも一歩前に出るにはどうしたらいいでしょう。それはユーザーのことを考えぬくこと、そして「そこまでやるのか」というくらい細かな部分にこだわることが差別化になると思います。

先述のAppleのウェブサイトの例をとっても、そこまでこだわった結果、販売がどれだけ伸びるかはわかりません。あまりに些細な要素で売上には直接寄与していない可能性は十分あります。

しかし、そこまで細部にこだわってものづくりをする会社ということが上記の記事のように知れ渡れば、多くのファンの獲得につながるでしょう。その場での売上が伸びなくても、その会社に対する信頼感を育むにはそうした細かなこだわりの積み重ねを行うことが重要だと考えています。

そこで生まれた信頼感こそが「ブランディング」という形のない財産になると思うのです。

仕事柄、ホームページの制作を通じて様々なクライアント様の相談を受けますが、相手が気付かない些細な点までこだわった対応とウェブサイトを提供することで福岡でのホームページ制作であればアイドットデザインと言って頂けるようなブランドを築いていきたいなと思います。

アイドットデザインのブログはWeb業界の話題に限らず幅広いビジネストピックについて書いています。
よろしければFacebookページのフォローをどうぞ!ビジネスに役立つ情報をお届けします!

福岡のホームページ制作・SEO対策はアイドットデザインまでご相談ください!
インターネット集客やWebマーケティングのご相談も承ります。

follow us in feedly

Facebookページに「いいね!」して更新情報をチェック!

« »