福岡のホームページ制作・SEO対策のアイドットデザイン。Webマーケティングのご相談も承ります。

お問い合わせ・ご相談はコチラ

blog

ブログ

お客さまが読みたいコンテンツが思い浮かばない時は、「よくある質問」から考えてみるのがおすすめです。

| カテゴリー : Webマーケティング

こんにちは!福岡のホームページ制作アイドットデザインの越水です。

Webサイトにおいて最も重要なのは「何がそこに書かれているか」です。

Googleはユーザーが探している情報を適切に届けられるように、検索結果を導き出す仕組みをつくっています。その順位を判断する根本にあるのは「ユーザーのためになるページ内容かどうか」です。

だからホームページ運営者としても、自社のホームページがお客さまの役に立つ内容になっているか、相手に喜んでもらえる情報があるか、常に気を配る必要があります。

お客さまは何の情報を欲しいのか?ヒントはお客さまからの質問にある。

社内にお客さまからの疑問や質問を溜めたり、スタッフ同士で共有する仕組みはあるでしょうか?

もしなければ、「エクセルに書き足していく」といった簡単な方法からで良いのでぜひその仕組をつくってみてください。

普段自分たちが相手にしているお客さまが、商品やサービスのどんな部分に関心があるのか、購入を検討している時に気になるポイントが何なのかが見えてきます。

Webサイトのコンテンツ作りは、そうしたお客さまの疑問に応えるところから始めると、相手の求める情報のイメージが掴みやすいです。

例えばあなたが旅行に行く時、宿泊するホテル周辺の交通機関や観光スポットなどをチェックするんじゃないかと思います。また館内にどんな施設があるのか、泊まる部屋が禁煙か喫煙かといった点も気になるでしょう。

こうした質問はホテルのフロントにもたくさん寄せられると思いますが、しっかりWebサイトにも記載されていると検討段階のお客さまにとってはありがたいです。

些細なことですが、こうしたことの積み重ねがお客さまに喜んでもらえるコンテンツ作りにつながっていきます。

「よくある質問」の内容から派生させるとコンテンツが考えやすい

ホームページには「よくある質問」というページが用意されていることが多くあります。

新たなコンテンツを作るときにはこの「よくある質問」の内容を起点として考えてみるのがおすすめです。

例えば、弊社の場合ですと「Web制作に関する知識がなくても大丈夫ですか?」という質問が寄せられます。この質問を元に、用意できそうなコンテンツを考えてみると、

  • Web制作を依頼する時に最低限押さえておきたい3つのポイント
  • サーバー、ドメインって何?制作会社とのやりとりに役立つ用語集
  • 初心者でもホームページの知識が身につくおすすめ本5選

などなど、様々な切り口でのアイデアが出せると思います。

コンテンツを企画するときは、全くのゼロから発想しようとすると大変なので、こうしてお客さまからの質問をまとめておいてヒントにするのが良いでしょう。

その中でも「よくある質問」のページに載ってくるような質問は、お客さまにとっても関心の高い部分であると言えるので、詳しくまとめて1つのコンテンツにする価値は十分にあります。

ぜひ、あなたのお客さまがどんなことに疑問を持っているのか、普段の会話を振り返ってみてください。

それではまた!

「ホームページのことは良くわからない…。」アイドットデザインはそんな中小企業の強い味方です。

follow us in feedly

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。