Facebookページを使ってお客様や見込み客との継続的なつながりを持とう

| カテゴリー : Facebook

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの越水です。

今回のYouTubeでは、「Facebookをビジネスに役立てよう」というテーマでお話ししています。

無料で使えるSNSは中小企業のネット集客に欠かせないツール

TwitterやFacebookといったSNSは今やプライベート利用だけでなく、ビジネスの集客活動においても欠かせないツールになってきています。

SNSを活用すれば、自社からのお知らせやイベントの情報などを広く伝えていくことも可能です。

SNS初心者でも始めやすいのがFacebook

数あるSNSのなかでも初心者にとって安心して始めることができるのがFacebookです。

匿名での登録が可能なSNSも多い中、Facebookは実名登録が基本となっており、現実での人間関係をベースにして交流を楽しめるので安心感があります。

Facebookページに「いいね!」してもらえると相手と継続的につながれる

FacebookにはFacebookページという、個人アカウントとはまた別に情報発信を行える機能があり、様々な企業が自社のFacebookページを持って運用をしています。

会社でFacebookページを持つことのメリットは、ページに「いいね!」を押してくれた既存顧客や見込み客あるいはファンの方たちと、継続的なつながりを持てることです。

Facebookページに「いいね!」を押してもらうと、自分たちがページ上に投稿する内容が、その「いいね!」を押してくれた人へ届きやすくなります。

投稿を「シェア」してもらえると、直接つながっていない人たちにも情報を拡散できる

また、自分たちの投稿内容を見た方が「シェア」という機能を使ってくれると、その人とつながっている友人たちにも情報が拡散されることになります。

すると、自分たちが直接つながっていない方たちにも自社の情報を届けることができるのです。
これは大きな宣伝効果になりますよね。

Facebookでは顔の見える見込み客と、じっくり関係づくりをしてみよう

誰が見に来てくれているかわかりづらいホームページやブログと違い、Facebookページの投稿を見に来ているのは「いいね!」ボタンを押してくれてつながることができた個人のアカウントです。

Facebookを使ってみるとよりリアルに近い人間同士のやりとりが垣間見えるはずです。こうして実際に顔が見えるつながりが持てるというのが、SNSが画期的である理由です。

自分たちが投稿した内容に、リアクションしてくれる人の顔と名前がわかるだけでも、随分と見込み客との心理的な距離感が変わってきますよね。

また、Facebookページで相手に役立つ情報を届け続けていれば、きっとあなたの投稿を周りの友人にシェアしてくれる人が現れます。

そうすれば、「良い情報を届ける→拡散してもらえる→より多くの人に知ってもらえる」という好循環を生み出すことも可能です。
比較的、現実世界に近いFacebookを活用して、見込み客との関係を地道につくっていきましょう。

それではまた!

中小企業のホームページ制作やサイトリニューアルならアイドットデザインまで。

儲かる会社はやっている!小さな会社のホームページ集客の鉄則

無料の資料をダウンロード

×

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。