ホームページ制作・SEO対策 福岡のアイドットデザイン。Webマーケティングのご相談も承ります。

お問い合わせ・ご相談はコチラ

blog

ブログ

インターネットだからって「知らない誰か」に届けることを意識しすぎていませんか?

| カテゴリー : Webマーケティング

via: http://finda.photo

近所のセブンイレブンのスタッフが多国籍化していて気になる今日この頃、越水です。

普段からインターネットにどっぷり浸かってホームページ制作業をさせてもらっています。

インターネット、最高ですね。これがなければ私たちは仕事になりません。

離れた人とも簡単にコミュニケーションできる、音楽も本もデータにして流通できるようになった、これからはIoTやらAIやらで暮らしがもっともっと便利になる。インターネット、超便利です。

ただ、ホームページ制作を通じて色々なご相談を聞いてみると、その便利さがゆえに目的を見誤ってしまう部分もあるな、と感じます。今回はそんなお話し。

確かにインターネットには無限の可能性があるけれど

「ホームページを作って遠方からもジャンジャンお問合せがくるようにしたい!」

事業をしていれば誰しもが望むことだろうと思います。確かにインターネットで個人でも世界中に発信が可能になりました。

でも、大事なのはお問合せがくることがであって、遠方や新規のお客さまにこだわる必要はないですよね?

むしろ身近な人たちに、自分たちの会社のことを上手に伝えていく言葉や方法を考える。
知らない人に自分のことを伝えようとすると変にカッコつけたり気張ったりしすぎて言葉が浮かばなかったりするし、もっと身近な、自分のことを知ってくれている人たちに向けて「私の仕事はこんなことですよ」と伝えるために書くほうが等身大の内容になるし、あなたらしさが出てくる気がします。

相手に伝えるべきことって近くの人に対しても遠方の人に対してもそんなに変わりません。
結果的には、身近な人に向けて書いたホームページやSNSの文章が、遠くの誰かにも届きやすくなるはずです。

ネットが発達すればするほど近接密着の戦略が面白い!

個人的にはインターネットが便利になればなるほどローカル感が大事になると考えています。

ここでいうローカル感というのは心理的な距離感、物理的な距離感のどちらかが近しい状態と捉えてもらえればと思います。

SNSにより個人でも発信がしやすくなりました、同時に人々の口コミが可視化されるようになっています。
誰がどのお店に行ったとか、どこで何を買ったとか、SNSに投稿される様々な行動が見れるようになりました。

そうしたなかであなたの身近な方が何人もシェアしている情報って気になりますよね。また、好みやセンスが近い人がシェアしている情報も気になります。

なので今は「インターネットがあれば世界中の人がターゲット!」という方向性よりも、同じコミュニティにいる身近な人たちをとことん大切にしていく近接密着の戦略が面白いと思っています。

地道にファンを増やしていけば、自然に口コミが周囲に広がっていくはずです。

まとめ

インターネットは確かに便利ですが、ターゲットや対象のエリアをそんなに広げる必要はあるのか?という点はホームページやブログを運営するうえで考えておきたいところです。

特にブログやSNSの発信に慣れていない方は、いつも仲良くしている方や身近な人たちに伝えていくつもりで文章を書くのが良いと思います。それが積み重なることでホームページやSNSアカウントの個性になるはずです。

それではまた!

 

アイドットデザインのブログはWeb業界の話題に限らず幅広いビジネストピックについて書いています。
よろしければFacebookページのフォローをどうぞ!ビジネスに役立つ情報をお届けします!

福岡のホームページ制作・SEO対策はアイドットデザインまでご相談ください!
インターネット集客やWebマーケティングのご相談も承ります。

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。