blog

ブログ

他の企業が発行しているメルマガを研究してみよう

| カテゴリー : Webマーケティング

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの越水です。

今回のYouTubeでは、「いろんな企業のメルマガを研究してみよう!」というテーマでお話ししています。

「メルマガに自社で取り組みたいけど何から始めたらいいかわからない…」

そんな場合はまず他の企業が発行しているメルマガに登録して、自分自身で受け取ってみるのがおすすめです。

単純に自分が好きな企業、または気になっている著名人のメルマガでよいので、いくつか登録してみてください。

メルマガを読むときに意識しておきたいポイント

送られてきたメルマガを読むときに意識して見てほしいポイントがいくつかあります。

どんなネタが配信されているか

まずは当然、他社ではどんな内容のメルマガを配信しているのかが気になるでしょう。

業界のニュースや時事ネタ、商品にかける裏話など、様々な切り口で書かれたメルマガに触れることで、自社のメルマガに何を書いていこうかアイデアが湧いてきます。

単純に情報収集にも役立つので習慣化したいですね。

メルマガの構成は定型化されていないか

注意深く観察したいのが、「文章構成に毎回決まった型を使っているかどうか?」という点です。

定期的に発行していくメルマガですので、出来る限り文章構成はフォーマット化すれば作成者の負担を減らすことができます。

他社のメルマガを読んで内容の順番に決まりはないか、導入や締めの部分で毎回決まった挨拶を使っていないかなどを意識してみましょう。

ある程度、メルマガの構成がパターン化されていたほうがルーティンワークとして継続していきやすくなります。

メルマガ配信の頻度、タイミング

「いつメールを届けるか」というのも重要なポイントです。

メール配信ツールを使えば、事前に決められたタイミングで自動的にメールを送る設定が可能です。

購読者に一番読んでもらえるタイミングはどこか?がわかれば効果的ですよね。

他社のメルマガが送られてくるタイミングや、どの程度の頻度で送られてくるかを研究し、「なぜそのタイミング・頻度なのか?」を考えてみましょう。

自社のメルマガ運用の参考になるはずです。

タイトルのつけ方、文章の書き方

前回のブログでも紹介しましたが、タイトルを読んだ時点で興味を持ってもらえるかはメール開封に大きく影響します。そうしたタイトルのつけ方においても他社の良い点を吸収していきましょう。

また文章の書き方も注意深くみていくと参考になることは多いです。

改行のタイミングや、1行あたりの文字数はどのくらいか、上手にメルマガを運営している企業は読者が読みやすいように細かな改善を地道に繰り返しているものです。

ネット上で入手できる他社の先行事例をお手本にして学ぶことが大切

まずは何事も上手な人から学ぶというのが上達の近道だと思います。

引きの強いタイトルや読み手に伝わりやすい言葉の表現方法など、注意深く読めばいくらでも他社のメルマガから吸収できることはあります。

ネット集客に取りかかるとき、お手本となるコンテンツや取り組み方はインターネット上でいくらでも触れることができることを知っておきましょう。

アンテナを張り続けて、ぜひお手本の良い部分を意欲的に自分たちのWebマーケティングに取り入れていってほしいと思います。

それではまた!

ホームページ制作だけでなくアクセス解析、SEOの実施、ブログ運用のご相談も承っています。

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。