中小企業のウェブ担当者に求められるのはどんな役割か?

| カテゴリー : Webマーケティング

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの越水です。

今回のYouTubeでは、「中小企業のウェブ担当者がやるべき仕事」というテーマでお話ししています。

中小企業がインターネットを通じて情報発信するための業務を担うウェブ担当者。
その業務は意外に広い範囲に渡るものなのです。

マーケティングからコンテンツ企画まで、総合的なスキルが求められるのがウェブ担当者

ウェブ担当者はネット集客における社内の重要なポジションです。

パソコンの基本操作に慣れていて日頃からインターネットを活用しているのは前提として、次のような業務を行うことになります。

  • 自社がターゲットにする顧客のニーズ把握
  • 競合他社の分析
  • ネット上での集客・営業のシナリオづくり

これらはマーケティングや営業スキルに関わるものであり、商品やサービスの情報をいかに顧客に届けていくかを求められるのがウェブ担当者なのです。

ウェブ担当者と聞くと、ITシステムやプログラミングに長けているイメージを持つかも知れません。

実はそれよりも、顧客や競合の分析というマーケティング視点、そして「どうしたらモノが売れるか?」を考える営業的な思考プロセスを求められるのがウェブ担当者の役割であり、いわゆる「システム担当者」とは明確に区別すべきでしょう。

コンテンツの企画や制作をする

また、既存顧客や見込み客に情報を届けていくために、ブログやSNS、メルマガで発信するコンテンツの企画や制作をするのもウェブ担当者の役目です。

アクセス解析から情報発信の反響を確認する

ホームページ、ブログ、SNSを活用した結果、その反応はどの程度得られているのかを定期的にアクセス解析を通じて確認を行い、PDCAを回していくことも必要でしょう。

外部の専門業者と連携を取りながら仕事を進めることも重要

こうやって書いていくと、「ウェブ担当者ってやることや学ぶことがたくさんあるな…」と感じますが、全てを1人で抱え込まず専門業者を活用して進めていく手もあります。

例えば、弊社で行っているホームページの制作は、制作技術やGoogleの評価基準に対して適切な知識を持っていないと手間も時間も膨大にかかってしまいます。

専門的なことは然るべき業者に依頼をすれば良いのです。
その時、ウェブ担当者の仕事は会社の戦略やネット集客の目的を、専門業者と共有しながらやりとりしていくことになります。

注意点としては専門的なことは業者に任せても、ネット集客戦略など、事業の根本に関わることは外部に丸投げせずプロと一緒になって考えていくということです。

ウェブ担当者は会社の集客戦略にも関わる重要なポジション

先にも書きましたが、ウェブ担当者はインターネットにおける集客や認知拡大という、会社の戦略にも紐づく大事な役割を担っています。

そしてネット集客というのは会社に大事な営業活動の一部でもあります。

なので、ウェブ担当者は「単にITやパソコンに詳しいから」という人を選ぶのではなく、営業への理解と決裁権を兼ね備えた人が担当する、というのがポイントなのです。

小さな会社では社長自らがネット集客を牽引すると成功しやすい

小さな会社において、もっとも営業を理解していて決裁権を持っているのはやはり社長であることが多いでしょう。

ですので、そうした会社では社長自らがウェブ担当となり、チームを引っ張って取り組んでいくことがネット集客成功への近道です。

それではまた!

採用サイト、販促用ランディングページなど、各種ホームページ制作に対応いたします。

儲かる会社はやっている!小さな会社のホームページ集客の鉄則

無料の資料をダウンロード

×

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。