顧客ターゲットが絞れない時のコツ。「取引したくないお客さん」をイメージしよう

| カテゴリー : Webマーケティング

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの越水です!

今回のYouTubeでは、「顧客ターゲットが絞れない時の考え方のコツ」についてお話しをしています。

顧客対象が絞れない時はどうしたらいいのか?

前回のブログ記事ではお客様のターゲットを絞ると得られるメリットについてお話しをしました。

しかし、こうしたターゲットを絞り込む行為は、人によってはとても勇気を必要とするものです。

なぜかというと「顧客対象を絞ると、お客さんが減ってしまうのでは……?」という恐怖心があるからです。

確かにその気持もわからなくはないのですが、時間も資金も限られている中小企業の場合は、顧客ターゲットを絞って、自分たちの商品を喜んで買ってくれるお客様を見極めることが大切です。

では、勇気を持って顧客対象を絞り込み、顧客減の恐怖に打ち勝つにはどうしたらいいでしょうか?
それは、少し物の見方を変えてみると簡単に克服できます。

付き合いたくないお客さん、取引したくない人、をイメージしてみる

”ターゲットの絞り込み = お客様を失うこと”という思い込みを払拭するには、逆転の発想をしてみると良いと思います。

それは、「お客さんにしたくない人」を想像してみることです。

具体的にはどういうことかというと、

  • 商品やサービスを価格だけで判断する人
  • 契約が決まった後から追加の要求をしてくる人
  • 自分が得することしか考えていない人

こうした、自分が対応したくないお客さんのイメージを言葉にしていくのです。
これも一種の顧客対象の絞り込み、ですよね。

「会社の事情として対応できないお客様」も書き出してみる

なかには「営業の人員が足りない」という、社内の状況によって対応が難しい商談もあるかもしれません。

そういったケースも、ひとまず思いつく限り書き出しておくといいでしょう。

「県外のお客様までカバーする余裕がない……」とか「コンペに参加するよりも他のことに時間を割きたい」とかですね。

「お客さんにしたくない人」の、逆の人たちをターゲットにする

自分たちが対応したくない顧客像は想像できたでしょうか?

顧客ターゲットを絞るためには、その逆の人たちを相手にしていけば良いのです。

ネット集客の戦略を練るときには「やるべきこと」と「やらないこと」を明確に分けることが大切です。

繰り返しになりますが、経営資源が限られているなかで「本来必要な行動」にお金も時間も向けていかなければならないからです。

そう考えると、ここまで話してきたような「お客さんにしたくない人」に割く時間や人件費はもったいないと思いませんか?
そうした費用や時間、労力を、自社の商品やサービスを喜んで使ってくれる方たちに向けたほうがもっと喜んでもらえるはずです。

顧客対象を絞り込むのは、大切にすべきお客様にもっと向き合っていくため

「顧客ターゲットを絞る」というと、どうしても「お客さんを失ってしまう」とか「対象外のお客さんをないがしろにする」といったネガティブな見方ばかりしてしまうことがあります。

しかし、見方を変えて「自分たちが本来大切にすべきお客様に、もっと集中してサービスを届けるため」と考えてみると、顧客ターゲットを絞るということにもっと勇気をもって向き合えるのではないでしょうか。ぜひ試してみてください。

それではまた!

集客効果をアップするSEOノウハウを駆使して、費用対効果の高いホームページ制作を承っております。

儲かる会社はやっている!小さな会社のホームページ集客の鉄則

無料の資料をダウンロード

×

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。