福岡のホームページ制作・SEO対策のアイドットデザイン。Webマーケティングのご相談も承ります。

お問い合わせ・ご相談はコチラ

blog

ブログ

SEOの必須項目、meta description(メタディスクリプション)を設定してみよう

| カテゴリー : Webマーケティング

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの越水です。

WebサイトのSEOを行うときにまず最初にチェックする項目のひとつに、meta description(メタディスクリプション)というものがあります。

SEO内部対策のなかでも重要な項目ですので、これを機にチェックしてみてください。

meta descriptionとは?

Google検索をしたとき、次の赤枠で囲った部分のように、Webサイトの説明文が表示されます。

meta descriptionとはこのようにページの概要を示すテキストのことをいいます。

実は、現在はmeta descriptionの内容がGoogleの検索順位に影響を与えることはありません。
ではなぜmeta descriptionを設定することがSEOにおいて重要なのか、それをこれから説明します。

検索結果のクリック率をアップするのがmeta descriptionの役割

検索ユーザーが、検索結果の中からあなたのWebサイトを選んで見に来てくれるかどうかは、検索結果上に表示されるタイトルと説明文が大きな影響を与えます。

特にWebサイトの説明文で

  • このページは自分の欲しい情報がありそう
  • 役に立つことが書いてありそう
  • なんだか読んでみたくなる

と思ってもらえば同じ検索結果の中からあなたのWebサイトをクリックしてもらう確率が高まり、アクセス数のアップにつなげることができるのです。

Webサイトに興味を持ってもらえるmeta descriptionを考えよう

meta descriptionは検索結果上であなたのWebサイトに関心を持ってもらうために欠かせない文章です。

お店に例えると、店頭で元気よくお客さまを呼び込むための口上のようなものですね。

そこで興味を持ってもらい、来店(サイト訪問)してもらえれば、わずかなクリック率の改善でも長期的には大きなアクセス数が集まることになります。

meta descriptionの設定方法

メタディスクリプションを設定するときは、HTMLのheadタグの中に次のようなコードを書きます。

「ページの紹介文をここに入れます。」のテキストを、好きな文章に変更して紹介文を設定しましょう。

検索結果上でのディスクリプションの表示文字数は全角で120文字程度なので、120文字以内で検索ユーザーに訴求できる文章を練ってみてください。

まとめ

細かい部分ですがSEOはこうした地道な改善の積み重ねです。

しかも、meta descriptionの対応はSEOの手始めとして手軽に取り組みやすい項目になっています。

ぜひこの機会に、「どのような概要文が表示されていると、検索ユーザーが自分のホームページを見たくなるか?」を検討して、アクセス数アップにつながるようにmeta descriptionを見直してみてください。

それではまた!

福岡市の中小企業様向けのホームページ制作を得意としております。

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。