blog

ブログ

【Twitter、Facebook、LINE、Instagram】4大SNSの特長を活かした使い方の基本

| カテゴリー : Webマーケティング

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの山下です。

皆さん、最低でも一日一回はSNSを触っているのではないでしょうか?
近年ではSNS自体が購買力を生み出しており、その勢いは止まることを知らず、ユーザー数の増加と新しいサービスの出現を毎日のようにニュースで見ます。

そこで今回は、ビジネス利用におすすめの4つのSNS、Facebook、Twitter、LINE、Instagramの特性をご紹介します。

ぜひ参考になさってください!

基本的な特長と活用状況

ソーシャルメディアサービスの活用状況

近年ではSNSを活用したマーケティングやプロモーションに取り組む企業が増えてきています。
総務省が発表している「平成28年通信利用動向調査報告書(企業編)」によると、インターネットを利用している企業のうちソーシャルメディアサービスを活用している企業の割合は28.5%と、前年から7ポイント近く上昇していることが分かりました。

参照:統計調査データ:通信利用動向調査:報告書及び統計表一覧(企業編)

SNS共通のメリット

拡散力が高い

ユーザーは投稿に「いいね」などのアクションを起こすことができます。

無料で活用できる

広告費をかけずに無料で自社の宣伝ができます。

企業とユーザーの距離を縮められる

ユーザーが企業に親しみを感じることで、イメージの向上やファン化に結びつけることができます。

1.Facebookの特長と活用ポイント

Facebook社が提供しているサービスで、世界最大のSNSとも言われています。
広告の精度も高いため、ビジネスには必要不可欠なSNSです。
他のSNSと比べると30~50代の比較的年齢層の高い利用者が多いのが特長。

Facebookに向いている企業

告知や交流を行い、有益なコメントを収集したいという企業に向いています。

2.Twitterの特長と活用ポイント

Twitter社が提供しているサービスで、140文字以内のメッセージ(ツイート)や画像、動画、URLを投稿できるSNSです。

SNSの中でも特に、拡散力が高いです。反面、炎上が起こりやすいのも特長で、運営には複数人が関わるなど、慎重を期する必要があります。

Twitterに向いている企業

タイムリー、リアルタイムの投稿が大切なのでキャンペーンやイベント情報発信に適しています。
ビジネスよりエンターテイメント向き。
コカ・コーラ社や株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーションなどが代表例。

3.LINEの特長と活用ポイント

LINE株式会社が提供しているサービスで、国内で最も利用者の多いSNSです。

LINEに向いている企業

スマートフォンが幅広い世代に普及し、LINEは若年層だけではなく、中高年層をターゲットとする企業においても有望なSNSということができます。

LINE上でクーポンを発行できる機能があり、主に飲食店やエステなど店舗系のビジネスと相性が良いです。

4.Instagramの特長と活用ポイント

Facebook社が提供しているサービスで、近年最も注目度の高いSNSです。

他SNSとの大きな違いはやはり、画像の投稿がメインであるという点です。

Instagramに向いている企業

画像を投稿するSNSで、女性の利用者が多いことから、ファッションやインテリアなどの参入が活発です。
ブランドイメージを表現した画像や動画、実際に商品を利用しているのが伝わるような画像・動画の投稿が効果的です。

まとめ

ユーザーとのコミュニケーションが気軽にできるというメリットがあることから、多くの企業がマーケティングに活用しています。

しかしその気軽さゆえ、使い方を誤ると炎上してしまい、かえって企業イメージを損ねることになってしまうデメリットもあるため、特長を踏まえた上でしっかりとした運用管理体制をつくり、担当者にはリテラシー教育を行うことが重要です。

ホームページ制作だけでなく、SNSやブログを活用したWebマーケティングのご提案も得意としております。

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。