福岡のホームページ制作・SEO対策のアイドットデザイン。Webマーケティングのご相談も承ります。

お問い合わせ・ご相談はコチラ

blog

ブログ

どんなWebサイトがGoogleに評価されるかは人間関係に置き換えてみるとわかりやすい

| カテゴリー : Webマーケティング

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの越水です。

突然ですがSEOって難しいですよね。まず言葉がわかりづらい。

「SEOってのは、サーチエンジンオプティマ……、あれ?何の略だっけ?」

略どころか読み方もわからずセオと読まれる場合もある(エスイーオーが正しい読み方)。

よしんば「SEOとは検索エンジン最適化のことです!」と知ってたとしても、

「検索エンジン最適……。で、それ何すんの?」

というのが当たり前の反応ではないでしょうか。

そんなSEO、ざっくりと説明をすると「WebサイトがGoogleなどの検索エンジンに評価されるための対応」を指すのですが、本当に大事なのはまずSEOを行うまえにGoogleがどのようなWebサイトを評価するのかを知ることです。

しかし、Googleがどんなホームページを好ましく思うか、あれこれ専門用語を交えてお話するとわかりづらくなるので、私がよく使う方法が人間関係に例えた説明です。

良いWebサイトは評価される人と同じ

あなたはどんな人を信頼できると思ったり、優れていると感じたりするでしょうか?

突然聞かれるとちょっとドキッとしますよね。
これは「どんなWebサイトがGoogleに評価されるか」という答えに関わりがある質問です。

GoogleがWebページを評価するときの基準は様々なものがありますが、概要を知ろうとするときには以下の2点を知っておけば十分です。

  • 検索した人の疑問や課題を解決するページ
  • 他のWebサイトからの信頼に足るリンクが集まっているページ

これを人間関係に例えると、

  • 自分の悩みを解決してくれる人
  • 他の多くの人から信頼されている人

という人物と言えます。
どうでしょうか?こんな人がいたら評価をされそうですよね。

検索した人の悩みや課題を解決してあげるコンテンツをつくろう

検索を行う人はなんらかの疑問に対する答えや情報を得たくて、キーワードを入力して検索を行います。

ですのでユーザーが入力するキーワードにはその人の疑問やナヤミが反映されています。

これは人間に例えると、相手の悩みをよく聞いてあげてその悩みに対して適切な答えを与えてくれる人が評価されることになります。

こうして考えると、WebページにおいてもGoogleの評価を得たいのであれば、まずユーザーの役に立つコンテンツを作ることが重要であることが理解できると思います。

人に喜んでもらえるコンテンツをつくることが外部リンクの獲得につながる

Webページが他のサイトからのリンクを獲得するにはどうしたら良いでしょうか?

これも人間に例えて、どんな人が他の人から信頼されるようになるかを考えるとヒントになります。

信頼される人は、自分のことばかりを考えず人の役に立つことを考えています。

つまり、リンクが集まるWebページを作ろうと思うならば、人の役に立ったり喜んでもらうコンテンツを作ることが、ここでも重要といえます。

SEOは難しく考えすぎず、読み手の役に立つコンテンツや扱いやすいWebサイトづくりに集中しよう

こう例えてみると、Googleに評価されやすいWebサイトを作る方法はシンプルに考えることができます。

人の役に立つ情報が載っていたり、読みやすい形式になっていたりと、読み手のことがよく考えられているWebサイトが評価されるということです。

人の役に立つ情報を提供していれば、自然と他のWebサイトでページを紹介してもらえたり、SNSで拡散されることによってリンクが集まります。

まずはお客さまやユーザーのためになることを考える、これはリアルな接客でもインターネットでも変わらないといえるのではないでしょうか。

「SEOを意識しすぎてどんなWebサイトをつくれば良いのかわからなくなった……。」

そんな時はこのように人間関係に例えて、シンプルに考えてみると枝葉のテクニックに囚われて方向性を誤ることが少なくなるはずです。

それではまた!

お見積りは無料です。ホームページ制作やWebマーケティングに関するお悩みをお聞かせください。

follow us in feedly

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。