お客様の悩みや欲求は検索キーワードを注意深く見るとわかってくる

| カテゴリー : Webマーケティング

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの越水です。

本日のYouTube動画では「お客様の悩みや欲求は、検索キーワードに表れている」というお話しをしています。

ネット検索をする理由は「解決したい悩みや課題」を抱えているから

人がGoogleやYahooで検索を行う時って、どんな場面が思い浮かぶでしょうか?

近くでどこか美味しい飲食店がないか探しているとき、テレビを見てて初めて聞く言葉に出会ったとき、または買い物へ行く前にネットで情報を集めていくとき、様々な場面でネット検索が行われています。

どの場面でも共通することは、「何か解決したい課題があるとき、人はネット検索を行う」ということです。

そしてホームページのコンテンツを考えたり、SEOに取り組むときに意識しておきたいこと。
それが今回のテーマである「人が検索に使うキーワードには、その人が解決したい悩みや欲求が表れている」という部分です。

検索キーワードの微妙な違いにも気を配ろう

例えば「クリーニング シミ抜き 自宅」というキーワードにはどんな欲求が隠されているでしょうか。

「自宅で食事中、醤油やケチャップで服を汚してしまった。このシミをどうにか取りたい……。」

そんな場面が連想されませんか?

では「クリーニング シミ抜き 福岡」というキーワードではどうでしょう。

この場合はどうやら自分でシミ抜きする方法ではなく、「自分が住んでいるエリア内で、どこか良いクリーニング屋さんはないかな」と探しているニーズのほうが強そうです。

このように、検索フォームに入力されるキーワードのひとつひとつには、その人が解決したい悩みが反映されていて、その悩みはキーワードの微妙な違いから推測することができます。

検索キーワードに隠されているニーズを読み取れば、どんなコンテンツが必要か見えてくる

こうして、あなたのお客様がどんなキーワード検索をしてホームページに来ているのか、注意深く観察することは、顧客のニーズ理解にとても役立ちます。

相手のニーズがわかれば、ブログやSNSでどんな情報を発信していけば良いかがわかってきますよね。

あなたの見込み客が検索するキーワードにはその人の悩みや欲求が表れています。
ならばその悩みや欲求を解消するコンテンツを用意すれば、きっとターゲットとする見込み客は喜ぶはずです。

お客様が喜ぶ情報を届けるためには、まずは検索キーワードを注意深く観察してみると良いですよ。

それではまた!

売上アップ、人材採用、顧客獲得など様々なご要望に最適なホームページを制作いたします。

儲かる会社はやっている!小さな会社のホームページ集客の鉄則

無料の資料をダウンロード

×

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。