WordPressのカテゴリーをつくるときにカスタムフィールドを使って入力項目を追加する

WordPressのカスタムフィールドは投稿画面に任意の入力項目をつくることが出来て便利ですよね。

実はカテゴリー追加や編集時の画面にも、カスタムフィールドを利用すれば新たな入力項目を追加することができます。

カテゴリー作成時により多くの情報を登録できれば、テーマファイルに書くカテゴリーごとの条件分岐も減らすことができそうです。

そんな便利な方法をwebOpixelさんがまとめてくれていましたのでご紹介します。

WordPressのカテゴリーにカスタムフィールドを追加する | webOpixel

実際に記事に掲載されているコードを見ていきたいと思います。

カテゴリー追加・編集画面にカスタムフィールドを追加

まずはfunctions.phpに次のコードを追加します。

これでカテゴリー追加・編集画面にカスタムフィールドが現れます。

extra_category_fields()でカテゴリー追加・編集画面にカスタムフィールドを表示させています。入力した情報はsave_extra_category_fields()が保存するようにしてくれています。

my_admin_scripts()とmy_admin_styles()は画像アップロードのカスタムフィールドがJavaScriptやCSSと連携してちゃんと動くようにします。

というわけで画像アップロードのためのjQueryも追加しなければいけません。次のコードのjsファイルをupload.jsとして作成します。

登録したカテゴリー情報をWordPressサイトに表示する

入力したカテゴリー情報をテンプレートに表示させる場合は次のコードを参考にしてください。

カテゴリー名を表示させた後に、カテゴリーIDと紐付いたカテゴリー情報を拾って表示させています。

echoで表示する際に使用するesc_html()は、特殊記号などをエンティティ化してくれます。

タグ編集画面やカスタム分類(タクソノミー)編集画面にカスタムフィールドを追加する場合はアクションフックを次のように書き換えます。

以上、WordPressでカテゴリーの入力項目を追加する方法でした。

カテゴリーにカスタムフィールドを追加するのはプラグインでも可能ですが、個人的にはこの方法がスマートで気に入っています。

簡単に任意の項目をいくつも増やせるので重宝しています。

参考記事

WordPressのカテゴリーにカスタムフィールドを追加する | webOpixel

アイドットデザインのブログはWeb業界の話題に限らず幅広いビジネストピックについて書いています。
よろしければFacebookページのフォローをどうぞ!ビジネスに役立つ情報をお届けします!

福岡のホームページ制作・SEO対策はアイドットデザインまでご相談ください!
インターネット集客やWebマーケティングのご相談も承ります。

follow us in feedly

Facebookページに「いいね!」して更新情報をチェック!

« »