blog

ブログ

【WordPress】自由なHTMLでカテゴリーリストを作りたいときの方法

| カテゴリー : WordPress

WordPressでカテゴリーの一覧リストを表示させたいとき、wp_list_categoriesという便利なテンプレートタグがあります。

テンプレートタグ/wp list categories

ただ、出力されるのはこのタグの仕様で決まったHTMLになるので、もっと自由にHTMLを変えたいという場合には自分でPHPを書く必要があります。

例えば、リストのなかにFont AwesomeのようなWebフォントを挿入したいときなんかは、自由度の高いHTMLで動的にリストを作ってくれるのは助かります。

今回はそんなときに使えるコードをご紹介します。

このサンプルコードではかなりシンプルなHTMLになっていますが、自由にHTMLを変更してカテゴリーリストを表示させることができます。

最初の方はWordPress関数であるget_categoriesでカテゴリーを呼び出しています。$argsにはget_categoriesを利用する際のパラメータを設定しています。パラメータの詳細や使い方についてはWordPress Codexをご確認ください。

呼び出したカテゴリーをforeach文で1つずつリスト化していきます。PHPに慣れている方であれば簡単なソースコードだと思います。

WordPressがせっかく便利なwp_list_categoriesという機能を用意してくれているので、普段は積極的に使っていきたいですが、もっと自由にHTMLを組み替えたいというときにはこちらのコードを参考にしてみてください。

それではまた!

福岡市の中小企業様向けのホームページ制作を得意としております。

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。