福岡のホームページ制作・SEO対策のアイドットデザイン。Webマーケティングのご相談も承ります。

お問い合わせ・ご相談はコチラ

blog

ブログ

ホームページ制作会社が「つくる技術」以外に求められる価値について

| カテゴリー : お仕事のこと

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの越水です。

先日商談を行ったお客さまがこんなことをお話していました。

「商品を作ったり既存のお客さんの対応で忙しくて、今後の売り方を考える時間がとれない。特にネットの方面は詳しくないので後回しになりがち…。」

人員も資金も限られる中小企業、私も「よくわかります…。」とお話しを伺っていました。

今、ホームページ制作会社には、こうしたお客さまのビジネス課題を把握し、一緒になって対応していく力が求められているように感じます。

ウェブの知識を持つ人がいない、教えられない、育たない、という問題

理想を言えば、どの企業も社内にWeb担当者を据えて、ホームページやSNSの更新ができる体制をつくるのが良いですが、そういった人材は不足しています。

社内でWeb担当者を育てようと思っても、そもそも教える人がいない、というのもよく聞く話しです。

ではどうする?となったときに、お客さまのWeb戦略パートナーとしてお役に立てるのが我々、制作会社の人間ではないでしょうか。

これまで以上に、ホームページ制作会社に求められる範囲は広くなっています。

つくる技術、以外に何が必要か?

そのような中で私たち制作会社は、「制作技術」の他にどんなスキルを身につけるべきでしょうか。

Webマーケティング力

私たちにご依頼されるお客さまにとっては、ホームページを持つこと自体が目的ではありません。

ホームページはあくまで売上や利益を上げていくための投資対象のひとつであり、投資したコスト以上の成果をだすことが求められています。

なので、本当に大事なのはホームページ制作が終わったあと、運用が始まってからも継続的にノウハウを提供し、成果を出していくことです。

Googleのページ評価に関する動向、SNSプロモーションのトレンドもおさえながら、自分たちの持っている制作スキルとの相乗効果を発揮する必要があります。

顧客のビジネスに対する理解

Webマーケティングのノウハウを活かすためにも、まずはお客さまのビジネスに対する理解が必要です。

BtoBなのかBtoCなのかによっても、発信していくべきコンテンツや媒体、取るべきマーケティング施策が違ってくるでしょう。

販売チャネルは何があるか?
既存顧客の流入経路はどうなっているか?
リピート販売の施策は何をしているか?

など、ビジネスの仕組みをできる限り把握し、「そのなかでホームページはどんな情報を伝えていくべきか?」を考えるべきです。

わかりやすく伝える力

ホームページ制作では他業種のお客さまとやりとりさせていただく場面が頻繁にあります。

Webの専門知識であったり、自分たちの考えをズレのないように人に伝えていく力も必要になってきます。

「わかりやすく伝える」というのは、相手の思考の順番を汲み取って説明する配慮であったり、目に見える図説を用意してあげることであったり、様々な方法があります。

重要なのは、答えが見えない課題に対してどう取り組んでいくか、どういう結果が予測されるかを、しっかりとお互いに納得感のある形で合意をとっていくことです。

そのためには「相手にどう伝えたらちゃんと伝わるか?」を意識することが大切です。

考えるべきことはシンプル

こうして並べていくと、学ぶべきことは無数にあるようで大変ですが、基本的には次のシンプルなポイントを考え続けることで、やるべきことにフォーカスできると思います。

誰に、何を伝えて、どうなってほしいのか?

私たちにとって、この部分をお客さまと一緒になって考え抜いていくことが、これまでになく重要になってきています。

福岡の中小企業のお役に立てるよう、今まで以上にアイドットデザインも進化していかなくては!そんなことを思いました。

福岡市の中小企業向けホームページ制作・リニューアルならアイドットデザイン。

follow us in feedly

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。