blog

ブログ

Webサイトを制作したいと思ったときに準備しておくべき4つのこと

| カテゴリー : お仕事のこと

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの山下です。

ウェブ制作会社に依頼をするとき、「ホームページの制作をお願いしたいんですが、何からしたらいいですか?」と思い悩む方が多いのではないでしょうか。

今回はホームページ制作の依頼をする時、事前に準備しておくことについてまとめました。

1.Webサイトを作る目的を考えておく

ひとことで、Webサイトといっても、実はたくさん種類があります。

  • メディアサイト(ニュースや専門記事などの内容で構成されるサイトのこと)
  • コーポレートサイト(企業自身の公式Webサイト)
  • ECサイト(インターネット上で商品を販売するWebサイトのこと)

など、Webサイトの種類によって目的はさまざまです。

商品やサービスの認知度を向上させたい、売り上げを伸ばしたい、商品・サービスを売りたい、情報を発信したい、求人への応募獲得であったりします。

2.ページ構成を考えておく

あらかじめ、どういうページを用意しておくかリストアップしておくことをオススメします。

よくある例は、

  • トップページ
  • 会社概要(沿革・会社へのアクセス)
  • 事業やサービスの強み
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせフォーム

他にも「ブログ」や「実績」、「料金・プラン」などが挙げられます。

また、この段階で参考にできるサイトやデザインをいくつか準備しておくと、「まずは概算費用だけ知りたい」というときや打ち合わせの時に便利です。

3.決裁者を決めておく

社内の決裁者を明確にする事も必要です。

制作会社から送られてきたワイヤーフレーム(デザインの設計図)やデザインなどを、社内の誰に承認をもらったら良いのか、決裁者を決めておくことをオススメします。

4.ホームページ完成後の運用イメージを固めておく

ホームページは公開してからがスタート。むしろここからが本当の勝負です。

  • ホームページ担当者に誰を据えるのか?
  • どんなコンテンツを発信していくのか?
  • 他の業務と両立できる更新サイクルはどのくらいか?

上記の項目だけでも決めておくと、ホームページ完成後の運用がスムーズになります。

ホームページはしっかり運用してアクセスを集め、訪問したユーザーの属性や行動を分析し、そこから読み取れるユーザーの目的や改善ポイントにしたがってサイトを調整していく必要があります。

※アイドットデザインではGoogleアナリティクスを利用し、企業の目的に合わせたアクセス解析・分析を行い、データに基づく改善施策を行っております。お気軽にご相談ください。

まとめ

ホームページの制作を進めていく中で、ご発注者様側に準備していただくことが出てくると思います。何かわからないことや、アドバイスが必要な場面ではすぐ担当ディレクターに相談することが大事です。

ご発注者様に準備していただくもの

ここまでの話をもう一度振り返ります。

  • サイトを作る目的を明確にしておく
  • 参考サイトや参考デザインをリストアップしておく
  • 社内の決裁者を決めておく
  • ホームページ完成後の運用イメージを固めておく

上記項目を事前に準備していただく事で、打ち合わせ・制作を円滑に進めることができます。

ホームページ制作やサイトリニューアルならアイドットデザインまでご相談ください。
それではまた!

楽天、Yahooショッピング、カラーミー、各種ネットショップ構築に対応いたします。

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。