福岡のホームページ制作・SEO対策のアイドットデザイン。Webマーケティングのご相談も承ります。

お問い合わせ・ご相談はコチラ

blog

ブログ

クライアントにとってホームページ制作は「投資」であることを理解する

| カテゴリー : お仕事のこと

こんにちは、福岡のホームページ制作アイドットデザインの越水です。

世の中にはたくさんの制作会社がありますが、Webデザイン・制作の世界は参入障壁が低いため、その実力はピンからキリまで様々です。

極端な例をあげると、パソコンにPhotoshopやIllustratorなどAdobeのデザインソフトをインストールするだけで、その日からWebクリエイターを名乗ることもできてしまいます。

また、営業力を売りにしている会社が、商材のひとつとしてホームページ制作をパッケージ販売している場合もあり、依頼してみると「実はWebのことはそんなに詳しくない会社だった」というケースも、残念ながら少なくありません。

こうした事業者にとって、いまだにホームページ制作は単に「サイトをつくること」が価値だと考えられているのかもしれません。

お客さまがホームページ制作会社に求める価値は何なのか?

すでにウェブ制作の仕事において「つくること」だけの価値は数年前に比べると格段に下がっています。

オンラインの学習ツールで安価に制作技術は学べるし、高品質なテンプレートや初心者でも気軽にWebサイトが持てるツールも溢れています。
もはや「つくる」だけであれば、わざわざ制作会社に依頼する必要はなくなってきています。

「お客さまが求めている価値はなにか?」を自分たちに問い続けることは、私たち制作に関わる人間にとって欠かせない作業だと思います。

お客さまが制作会社に支払う数十万円なり数百万円のお金は、ただ単に「Webサイトをもつこと」だけに支払われているのではないはずです。

その投資したお金を上回る成果を、完成したWebサイトからもたらされることを期待しています。

それは、売上や問い合わせの増加であったり、認知の拡大であったり、求人への応募獲得であったりします。

ホームページ制作に支払われるお金は「事業への投資」である

制作会社は、自分たちが受け取る金額はお客さまにとってそうした「投資」の意味合いがあることをきちんと理解し、その投資を成功させるために「どんなホームページが必要か?」を考え抜く必要があります。

  • 見栄えが良いけど成果がでないWebサイト
  • 見栄えは良くないけど成果がでるWebサイト

ホームページ制作が投資だと捉えるならば、どちらのWebサイトが良いかは明らかです。
成果が上がらなければ、流行のデザインや裏側で用いられた最新技術も意味がなく、単なる制作者の自己満足に過ぎません。

制作会社として、お客さまから受け取る金額以上の、価値を提供することに知恵を絞らなくてはいけません。

成果の上がるWebサイトをつくるためには対象となる企業や事業への理解が必要

そのためにやるべきことはなんでしょうか?

Webサイトを事業戦略の1ツールとしてとらえ、費用対効果を最大化させるためには、やはりクライアントのビジネスについてよく学ぶ必要があります。

  • 現在のビジネスの構造はどうなっているか?
  • すでに商品を購入しているのはどんな人達か?
  • その人達はどんなきっかけで商品を知り、なぜ商品が欲しいのか?
  • 自社の商品の強みはなにか?
  • 将来的にどんな人達をターゲットにしたいか?
  • 競合他社のWebサイトはどんな状況か?

まずはこういったことを明らかにし、クライアントの事業への理解を深めなければ、その先の消費者がどんな情報を求めているかという部分に辿り着けません。

これは、制作会社にとって「ただWebサイトをつくるだけ」の仕事とは、必要となるスキルも異なってくることを意味します。
それでも、こうした取り組みを行い、コンテンツを練ることに時間をかけるほうが、私達の仕事としては本質的ではないかと考えます。

ホームページ制作という投資を成功に導くために、より本質的な部分に時間をかけて価値を生み出す。
私たちはそんな制作会社を目指しています。

集客アップや採用拡大、目的達成のために最適なホームページの制作をいたします。

follow us in feedly

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。