i.Design Recruit 2018

i.Design アイドットデザイン アイドットデザイン採用サイト

エントリーする

社員インタビュー

楽しさを追求して
成長しよう!

林 航平

HAYASHI KOUHEI

Footballとお酒をこよなく愛する、生粋の博多とんこつ系webデザイナー。
地元のサッカークラブ・アビスパ福岡の応援に声を枯らし、「勝利の美酒」だったり「悔し涙のやけ酒」だったり、どっちにしろ酒に呑まれる週末を過ごしている。

自分の未来と重なった、千載一遇のチャンス

大学卒業後、音楽をしながらアパレル関係の仕事をやっていました。楽しいこと、カッコいいことしかしたくない、純度100%混じりっ気なしのパリピでした(笑)。その中で友人の音楽イベントのポスターや、CDジャケットを作り始めたことをきっかけに、デザインの世界にのめりこみました。
そしてデザインを仕事にしたいという熱い想いだけで転職。紙デザインからWebデザインへ、自分のためのデザインからお客さまのためのデザインへ。仕事を通して、たくさんの人が携わってデザインが出来上がることを知りました。デザイン学校の出身ではない自分にとって、基礎的な部分は全て実践の中で学びました。
そしてフリーランスとして独立を考えていた2016年の冬、一人でやっていけるのか大学時代の先輩に相談したことがきっかけでアイドットデザイン代表の越水と出会いました。越水とは年齢が近く、フリーランスを経て法人化する直前、しかもデザイナーを探しているという奇跡的なタイミング。「これは今しかない!」と思い入社希望しました。

QUESTION この会社の魅力は?

主体性を持って取り組める環境

今現在デザイナーは私しかいないので、全てのデザインを請け負っています。つまり、デザイン面においては自分のカラー=会社のカラー。責任もあり、同時に今この環境をありがたく感じています。会社の制作実績が増えるたびに、自分の成長コレクションをみてるような気持ちになり、なんともニヤニヤしてしまいます(笑)
仕事への姿勢はとてもシンプルで、なにごとも「自分がやる」という気持ちです。常にクリーンで楽しい社内環境にしたいので、掃除やメンバーとのコミュニケーションなど、ささいなことでも自らがそのきっかけを作りたいと心がけています。
自分の成長と会社の成長をリアルに感じられる立ち位置だからこそ、常に主体性を持って仕事に取り組める環境が素晴らしいところです。

QUESTION あなたの”夢中”は?

「できないことはない」を実現する楽しさ!

私の専門はデザインですが、お客さまにとって望むものは「デザイン」ではありません。その先のビジネスの成功や発展です。つまり自分で完結できる仕事は無いと思っています。同時に、自分一人の枠だけで「出来ない」と言える仕事は絶対に無いと思っています。
今出来ないことは、新しい人と繋がる、自分の新しいスキルを身につける大きなチャンスと言えます。難しいこと、苦しいこともたくさんありますが、「後悔先に立たず!」たくさんの人と協力しながらチャンレンジする、そして世に作品が生まれていく、これが一番の「夢中」です。
とてつもなく流れの速いこのWeb業界で、色々な「デザイン」の形に刺激を受けながら、今まで無かったもの、出来なかったことを実現するワクワクを、このアイドットデザインを通して表現していきたいです。

MESSAGE メッセージを一言

MEMBER 社員インタビュー