ショッピングサイト制作

世界中どこの顧客にも商品を販売できるインターネットショッピングは、まだまだ成長が見込める分野です。そして、その流れに乗ってECサイト運用のご要望も高まってきており、アイドットデザインではそうした通販向けホームページの制作にも対応しております。

「新たな商品販売チャネルとしてショッピングサイトを検討しているが何から始めていいかわからない。」という場合でも、制作の流れとショップ開店までの手続きについてわかりやすくご説明させて頂きます。

ECサイトの運用には大きく「モール出店型」「ASPサービス型」「独自サイト型」の3種類に分類されますが、各プラットフォーム上での制作は、それぞれのシステムやサービスによる癖が強く、不慣れな制作会社も多いのが現状です。

アイドットデザインでは豊富なホームページ制作経験を活かし、楽天市場やヤフーショッピング、カラーミーショップなど主要なECプラットフォームでのショッピングサイト制作に対応いたします。その他のショッピングサービスをご検討の方もぜひ一度ご相談ください。

モール型ではなく独立した自社ECサイトを持ちたいというご要望にはEC-CUBEというショッピングサイト向けCMSによる制作にてご対応いたします。オープンソースプログラムのEC-CUBEを利用してデザインの自由度や拡張性の高い独自ECサイトを作も実現いたします。

ECサイト運用を考えるときに知っておきたい3つのタイプ

ECサイトは大きく分けて3つのタイプがあります。

集客力抜群の「モール出店型」、低コストでの運用を実現する「ASPサービス型」、そして独自デザインやカスタマイズの自由度抜群の「独自サイト型」です。

3つのタイプそれぞれにメリット・デメリットがありますので自分にあった運用プランをご検討ください。

モール出店型

このタイプでは楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどのショッピングモール型のウェブサイト上に店舗を出します。

魅力としてはモールそのものが持つ集客力で、人通りの多いメインストリートにお店を出すのと同様の集客が期待できます。

しかし現実でも人気の通りは賃料が高いのと同じように、モール出店型のショッピングサイト運営はそれなりの運用コストがかかります。
具体的にはモールが提供するシステム登録料であったり利用料、そして売上げから引かれる販売手数料などです。

売上げが上がってくれば専門の担当者にアドバイスを受けられたりとサポートも充実しています。
同じモールに出店しているECサイトとの競争は激しいですが、うまく個性を出して差別化を図り、ランキングなどに載ることができればかなり大きな売上げが見込めます。

デザインや機能についてはモールによってある程度の制限が出てきますが、有名なモールに出店していること自体が信頼感につながる効果も期待できます。

ASPサービス型

カラーミー!やMakeShopなどのカートシステムサービスを利用してショップ運営を手軽に始められるタイプです。

カートや在庫管理などECサイトに必要な機能を独自で開発する必要がないので制作期間が短く、初期費用が少なく済みます。
運用コストもプランが選べてモール型よりも比較的低コストで済むところが多いです。

基本的にはサービス提供企業が開発したシステムの上にデザインを乗せていくという制作になりますので、デザイン上の制限が出てきたり、機能の拡張性は低かったりします。

またシステムメンテナンスのために稼働できない時間帯ができたりといったことがありますが、費用を抑えて手軽にネットショップを持ちたい方におすすめです。

独自ショップ構築型

モールに参加せずに、独自ドメインでオリジナリティのあるショッピングサイトを運用した方におすすめのタイプです。

このタイプでは自由に拡張できるECサイト構築パッケージであるEC-CUBEを利用してホームページの制作を行います。

EC-CUBEを利用することでASPサービスでは実現できないような自由度のネットショップの構築が可能になります。
また、モール型のように毎月の出店費用や売上に対する手数料を支払う必要がありません。

カスタマイズ性に富んでいるのでこだわりのデザインも実現できますが、EC-CUBEの仕組みを理解する必要があるため、プログラミングや機能設計などサイト制作の専門知識が必要になります。

各種クレジット決済への対応や、メルマガ発行、商品在庫や顧客データの管理、豊富な機能を持ったECサイトを実現できます。

制作完了後はモールの出店規約やASPサービス規約による制限もないため、低コストで独自性の高いショップ運営が可能になります。
基本的にはサイト運営に毎月かかる費用はサーバーとドメインの管理費だけで済みますので、余った予算を運用代行や広告費に当てることができます。