ホームページ制作・SEO対策 福岡のアイドットデザイン。Webマーケティングのご相談も承ります。

お問い合わせ・ご相談はコチラ

website-for-mobile

モバイルデバイス対応サイト

モバイルデバイス対応サイト

閲覧環境にかかわらずコンテンツを楽しめるホームページの制作が可能です

スマートフォンやタブレットの普及によってホームページの閲覧環境は多様化し、それぞれの機器に最適なレイアウトの実現が必要になってきています。

スマートフォンのようにいつでもどこでも持ち運びができるデバイスでのWebコミュニケーションを第一優先として考える「モバイルファースト」というアイデアも広がっています。

こうした環境の変化によって、デスクトップPCでの閲覧のみを前提としたホームページは時代遅れとなりつつあります。

アイドットデザインではスマートフォンでの閲覧に特化したスマートフォンサイトの制作も承っております。

また、どんなデバイスにも最適化したレイアウト表示をし、ユーザーにとって快適なコンテンツ閲覧を実現する”レスポンシブウェブデザイン”での対応も可能です。

ホームページのモバイルデバイス対応について、お打ち合わせの上でお客様に一番合った解決方法をご提案させて頂きます。

なぜモバイルデバイス対応が必要か?

デスクトップPCにむけたホームページとの大きな違いは、スマートフォンやタブレットでのWebサイト閲覧ではタッチパネルでの操作が前提なのでPCで行うような”マウスオーバー”という概念がありません。

デバイスによって多解像度化してきているので各解像度に最適化した画像表示が求められることも特徴です。

こうした従来のデスクトップPCでの閲覧環境とは異なる特性を持っているため、最適化したナビゲーションシステムや情報設計、それをまとめあげるデザインや制作の知識が必要になってきます。

また、これだけスマートフォンが普及し手元でのホームページ閲覧が当たり前になっているなかで、自社のウェブサイトをそうした閲覧環境に最適化させていかないというのは、それだけ多くユーザーとの接点を失っていくことにもなりかねません。

スマートフォンサイト制作、2つの解決策

スマートフォンやタブレットのサイト表示に対しては大きく2つの解決手段があります。

スマートフォン専用のサイトを制作

こちらの解決策ではパソコン用のホームページとは別にスマートフォンサイトを制作します。

ユーザーがタブレットやスマートフォンでアクセスしてきた場合は、モバイル機器による接続を判定してモバイルデバイス専用のサイトへリダイレクトさせることができます。

この解決策のメリットは一方のレスポンシブWebデザインと比較して、デザインの自由度が高くなることです。

また、HTMLをPC用のホームページと共有しないのでスマートフォンサイト独自のコンテンツを作ることが容易になります。

レスポンシブウェブデザインによる制作

レスポンシブウェブデザインで制作されたホームページは、ディスプレイの解像度や幅を判定して、ウィンドウ幅によってレイアウトを切り替えることが出来ます。

レスポンシブウェブデザインでは、デザインの自由度が低くなるというデメリットはありますが、どんなデバイスにも最適化されたレイアウトをひとつのHTMLで実現できるので、コンテンツの一元管理を可能にして更新メンテナンスのコストも抑えることができます。

お気軽にお問い合わせください!

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。